固定価格買取制度

エネルギー資源が少ない日本で今注目されているのが、太陽光や風力、バイオマス、太陽熱、地熱など自然の力による再生可能エネルギーです。これらは、エネルギー自給率の向上、地球温暖化対策、さらには将来の産業育成につながると期待されており、平成24年7月から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が始まっています。この制度は、再生可能エネルギー(※)による電気の買い取りを電力会社に義務付けるなど社会全体で再生可能エネルギーを普及・拡大させるものです。
※この制度の対象となる再生可能エネルギーは太陽光、風力、水力(3万kW未満)、地熱、バイオマスです。
目的
1:国産エネルギーとして、エネルギー自給率がアップすること
2:CO2の排出が少なく、地球温暖化対策を進めること
3:日本の得意な技術を生かせるため、日本の未来を支える産業を育成すること

« ソラリッチへ戻る