理念 VISION

建設業に対する想い
私は26歳のときに先代より事業を継承して以来、通信業、飲食業と多角的に経営してきました。
その経験から言えるのは「建設業はすばらしい業種だ」と言うことです。
人生に彩を与える「住宅」、社会のインフラ整備に貢献する「公共事業」。
大きな責任とやりがいあるこの事業は、一度きりの人生をかけるに値する仕事だと思っています。
家を持って幸せな人生を送る
しかし、住宅に関しては大きな疑問を持っています。
高いローンを払ってまで持ち家は必要なのか?
家を持つことは人生の大きな夢ではあるが、そのために多くのものを犠牲にすることが幸せなのか?
私の答えはNOです。人生は一度きりです。
「頑張らないで家をもち、住まいを持って豊かな生活を送る」
この実現が私の使命です。
株式会社池田建設 代表取締役 池田 直人
新たな住宅産業への挑戦
そのために、全国を廻り多くの情報を収集し、「ソーラーリッチハウス」と「house+」を導入しました。
そして商品だけでなく、従来の建設業の常識にとらわれずに「建設業」「不動産業」そして「サービス業」を融合させた「住生活総合サービス業」として新たな住宅産業を創りだします。新たな挑戦の初年度は前年対比12倍の新築住宅の注文をいただき、多くの方から共感を得ました。
実際にお客様は、「どうしてこの金額で家が持てるんですか?」と、その安さと内容に驚き、喜んでくださいました。我々の商品サービスに触れることで、住居費用に負担をかける事なく住まいが持てると実感していただいております。
また、その声は我々の挑戦するエネルギーにもなっています。
新たな住宅産業を創りだし、多くの人々に共感してもらい、さらなる貢献が出来るように全力を尽くします。